今日明日中にお金が必要になった

お金を借りる方法
キャシングのサービスとして、消費者金融や銀行カードローンには即日融資があります。
「即日融資」とは、キャッシングの契約をしていればお金が必要になったときは、限度額の範囲内であれば申込をすればその日にお金を振り込んでもらったり、提携コンビニATMなどからいつでもお金が引きだせるので、急にお金が必要になったときでも安心です。
また「即日融資」は契約をしていなければ受けられないということでもありません。
すぐにお金が必要になったので、これからキャッシングを申込むというかたでも、申込をしたその日にお金が借りられます。
申込方法は消費者金融でも銀行カードローンでもほとんど同じで、スマホやパソコンを使いインターネットから申込む方法や、無人契約機、電話、郵送などさまざまな方法があるので自分の環境に合わせた申込方法が選べます。
最近はインターネットからの申込が多く、ネット申し込みは店舗へ行く必要もなく24時間いつでも申込ができ、即日融資を受けるには平日14:00までに契約が完了して入ればその日のうちに指定口座へ振込されるという方法です。
また銀行の営業時間内に契約が終らなかったとしても、インターネットから申込みをして仮審査までを済ませておき、会社を終えた後でも無人契約機へ行き、本審査を受ければカードの発行をしてもらい、カードを使ってお金を引き出すという方法も利用できますし、直接無人契約機へ行き申し込みも、もちろん可能です。
特に土日、祝日などの場合は無人契約機ならその日にお金が借りられます。

即日融資の審査はちょっと特殊?

参照サイトはコチラ…すぐにお金を借りるには?【キャッシング即日ガイド】
審査の細かな基準は金融会社や商品により違いますが、確認される審査事項はほぼ共通しています。即日融資を申し込む場合でも、審査そのものの内容が変わることはありません。そのため、審査のポイントさえ押さえておけば、問題がない限り、審査に落ちることはあまりないでしょう。ただし、即日融資をしてもらうためには時間に気をつけなければなりません。申し込むタイミングが悪いと、融資は翌日に持ち越されてしまうでしょう。
キャッシングやカードローン、目的型ローンに関わらず、審査で重要視されるのは返済能力があり信用できるかという部分です。年収、勤務先や勤務年数などで融資できる金額や返済能力を見ます。信用に関しては、すぐに移動できる状態でないか、情報を正確にウソ偽りなく提出しているか、ブラック情報がないかといったことが調べられます。また信用情報は、全く情報がない状態よりも事故のない利用情報があったほうが評価が高くなります。借り入れではなくても、例えばクレジットカードや分割払いで商品を購入している場合でも信用情報に載ります。延滞した情報が載っていると、ほぼアウトになるので利用には注意しましょう。
即日融資の審査で少々特殊といえるのが、時間制限の存在です。特にインターネットから申し込みを行うと、融資は振り込みで行われます。つまり、銀行が営業している時間までに審査を完了していないと、振込んでもらえないのです。一部の金融会社は特定の銀行口座に対しては24時間振り込みに対応しているところもあります。しかし、ほとんどの金融会社は平日の午後2時までに審査を終えるよう条件を出しているので、できるだけそれに従ったほうが問題は少なくてすむでしょう。
審査基準や内容そのものに変更はありませんが、いつまでに審査を終えているかに関しての条件は設けられています。自動契約機での申し込みになると、その条件は店舗が営業している時間までになります。審査に通れるように自分自身の状態や状況はよく確認し、必要なものは前もって用意しておき、余裕を持って申し込むようにしましょう。

フリーローンとカードローンを比較すると?

お金を借りるローンの種類にはたくさんあります。銀行のローンは特に住宅や車に対するローンなど、用途が限定されていることが多いものですが、昨今ではそういった使用用途が限定されていない、フリーローンやカードローンが人気となっています。

この二つのローンは先にも申しましたが、使用用途は自由です。しかし二つを比較してみると、違いがよくわかります。

まず、フリーローンは、審査を受け、融資金の希望が通った場合には、その全額が一括で、指定した銀行口座に振り込まれるようになります。

一方、カードローンの場合には、審査に通ると利用限度額というものが決定されます。この限度額内なら、何度でも融資金を引き出すことができるようになっています。

フリーローンの融資は一度きりで、それ以降にもお金を借りたければ、また審査を受けなければなりません。しかし、カードローンの場合は返済を続けると、利用限度額が戻ります。またその分もお金を借りることができるのは便利ですよね。

しかし、カードローンの場合には、こういった仕組みになっているので、一度限度額いっぱいまで借りてしまうと、なかなか完済が難しくなってしまうので注意が必要です。なぜなら、借金ばかりを繰り返してしまう恐れがあるからです。となると、返済を続ければ、確実に完済に近づく、フリーローンの方が、ある意味、安全といえるかもしれません。

いずれにせよ、お金を借りる際には、どんな方法が自分に合っているのか、よく調べてからご利用ください。

Back to Top